ホーム > 講座・イベント一覧 > 実施報告 > 平和への願いをこめて ~未来へ語りつごう~

平和への願いをこめて ~未来へ語りつごう~

にいがた女(ひと)と男(ひと)フェスティバル2015 ワークショップ

★Lealea

歴史とは出来事を学ぶことだけではなく、出来事を通して人々の心を学ぶこと。
戦後70年のこの年。この機会に戦争で起こった悲劇を学び、未来へ語りつごう!
未来の平和のため貴重な戦争体験の証言DVDを鑑賞し、感想を語りあいましょう。

★一時保育の受付は終了しました。

  • イメージ0
  • イメージ1
サムネイル サムネイル

実施内容

*団体から提出された実施報告書を元に作成
【参加人数】計82人(女性:66人 男性:16人)

・開会あいさつ
・戦争体験証言DVD上映 『戦時下の女性とこどもたち』
・感想発表と主張(4人)
 子育て世代 ヤングママ
 現役大学生女子
 高校1年生女子
 小学校6年生男子
・参加者の感想と意見交換
・有志によるコーラス♪「母」「花は咲く」
・♪復興ソング「花は咲く」会場のみなさんと全員で合唱
・閉会あいさつ

担当者の所見

 「歴史とは出来事を学ぶことだけではなく、人々の心を学び、その悲劇を未来へ語り継ぐためには…」これが今回のメインテーマでした。
 小学生世代から代表4人の若い方々に感想、主張を語ってもらいました。それぞれの世代の感じ方、想い、さらに今の自分にできることを語ってもらい、とても充実した内容でした。争い、戦争が70年前に起きた事実も悲惨で、二度とあってはならないことは言うまでもありませんが、現代社会でも争いはあります。自分の周囲でも起きている争い、差別があるかもしれないし、今後もあり得ることに対して自分はどう対処するかなど…世代を超えた4人の感想、主張は本当に素晴らしかった!会場からも称賛の声、さらに次世代へ伝えたいとの声が多く聞かれました。
 最後に全員で復興ソング「花は咲く」を歌う前に震災4年を得て歌詞が一か所変わった理由を確認。「私は何を残しただろう」が最後だけ、「私は何を残すだろう」に変更。これからを生きる者の一歩前へ進む勇気に寄り添えたら~との想いを、一人一人が幹事ながら合唱し、胸が熱くなりました。
開催日 2015年6月28日(日) 10:00~11:20
会場 新潟ユニゾンプラザ5階 中研修室 (新潟市中央区上所2-2-2)
対象 テーマに関心ある方ならどなたでも
内容 【座談会 DVD上映】
参加費 無料
定員 80人
保育 なし
主催 Lealea
お問合せ先 Lealea(吉田) 電話:025-269-6970 e-mail:berliner0106@yahoo.co.jp